更新日時 2009年10月11日 (日) 17:28

Postman@mossA 利尻の記憶


2009年9月20日〜24日 シルバーウィーク山形旅行編

SLニセコ号札幌駅

利尻空港から新千歳空港までANAに乗り、快速エアポートで札幌駅へ。
札幌駅には、9番線に『SLニセコ号』が到着。
シルバーウィーク中ですので、見学客がホームに多勢。
家族連れが目立ちました。

DE15 1520 札幌駅

午後18:29 定刻で札幌駅9番線に蘭越から走ってきた『SLニセコ号』が到着。
この時点ではホームに人は疎ら。
本当にSLが入ってくるのか心配でした...。 ^_^;

先頭はDE15 1520

倶知安から札幌の間はディーゼル機関車に牽引されて走ります。
SLのみだと辛い区間でしょう。
札幌と小樽の間は特急や快速がひっきりなしに走ってますので、遅れればダイヤ混乱は必須。

 

SLニセコ号 2009年9月現在時刻表

 

SLニセコ号 C11 171 SLニセコ号 C11 171 SLニセコ号 C11 171

DE15 1520 の次に蒸気機関車です。
SLでは小さいタイプのC11 171。
初めて見ましたが、小さいながらも迫力は満点。

 

SLニセコ号 C11 171

近代化ホームに入線したSL。
意外と違和感はありません。
隣には785系の快速エアポートでしょうか。
屋根付のホームなので、煙突からの煤で汚れそうです。

 

SLニセコ号 C11 171 SLニセコ号 C11 171 SLニセコ号 C11 171

釜には火が入っているようで、蒸気や煙りが立ち昇ります。

 

SLニセコ号 C11 171

精巧に組まれたシャフト類。

 

SLニセコ号 2009年編成表

ちなみに編成は上の表のとおり。
いつかは、倶知安で入れ替えや給水作業などを見学してみたいものです。

 

DE15 1520 札幌駅

DE15 1520

DE10にラッセルヘッドを取り付けられるようにした機関車。
汎用性がある為、北海道にはDE15が多いですね。
富良野・美瑛ノロッコ号もカラーリングは専用のものですが、同じDE15が牽引してました。

 

DE15 1520 札幌駅 DE15 1520 札幌駅 DE15 1520 札幌駅

乗客を降ろし、数十分で回送列車として札幌駅を後にします。

 

SLニセコ号 SLニセコ号 SLニセコ号

寝床は苗穂でしょうか。
汽笛の音を予感して、皆さん耳を塞いでおりました。
列車の汽笛。
不意に鳴らされると、驚いて飛び上がります...。 ^_^;

 

SLニセコ号 SLニセコ号 SLニセコ号

さようなら。

 

SLニセコ号 旧型客車

牽引されている旧型客車も綺麗に手入れされていて、艶がでてます。
懐かしい形。
ゆっくり揺られて旅をしたいですね。

 

戻る

サイト管理者 : 本山 憲人

Copyright(C)2000 Norito Motoyama All rights reserved.

Postman@mossA